ホーム ニュース 国内 エボラ出血熱への対策

エボラ出血熱への対策

世界中で、エボラ出血熱の感染による被害が拡大している。最悪の場合は12月初旬までに、感染者が1万人以上にのぼるとWHOが警告。

 

カンボジア政府は、国内で感染者が発生した場合、適切な対応ができるよう準備を進めている。保健省は、感染の可能性などの検査を行うなど対策を行い、検査機関などは、正しい検査方法などについて訓練を受けている。

 

カンボジアの衛生環境は極めて深刻だと見られており、感染予防に対しての最優先事項は、衛生環境を清潔に保つことであるとも言われている。

 

また、感染者用の隔離病棟がプノンペン、シェムリアップ、コンポンチャム、カンポットに用意された。


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia