ホーム ニュース 国内 公共ソーラーバスを試験導入

公共ソーラーバスを試験導入

プノンペン市議会は、市内の公共バスライン1で、ソーラーバス2台を試験導入することを発表。現行の中古バスの燃費の悪さや、環境保護の観点から、試験導入に至った。

 

カンボジア日本友好橋の付近から南下し、チバー・アムポウ地区へ向かう路線で、朝6時~夜6時まで走行する。

 

また、シェムリアップでは来年、ソーラーバス50台が導入される予定である。


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia