ホーム ニュース 国内 カンポット州の博物館が開館

カンポット州の博物館が開館

カンポット博物館の開館式が1月28日に行われた。

 

博物館は、フランス国際交流協会による助成金で建てられた。

助成金は全部で5万ドルあり、カンポット州にあるフランス統治時代の建物修復などに使われ、そのうちの1万ドルが博物館にあてられた。

 

館内では、カンポット州の歴史を紹介したパネルや、フランス統治時代の写真、当時の風景を描いた絵画、また文化芸術省から提供された工芸品、アンコール時代の彫像などが展示されている。

 

ナウブ・サエム館長は、「この博物館に歴史的なものを多く展示し、歴史が学べる本のようにしたい、そして多くの観光客に見に来て欲しい」と話している。展示品はにラベルなどは用意されておらず、現在準備中である。

 

場所はカンポット州知事公邸内で、開館時間は、火曜日、木曜日、土曜日の午15:00-18:00、日曜日の8:00-11:00となっている。


Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

facebookいいね!ファンリスト

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia