クロマーマガジン

お役立ちカンボジア情報が満載!
現地発のマガジン&総合情報サイト「クロマー」。

記事 | 国際

  • カンボジア外務省の発表で、10月1日から外国人用の入国ビザ料金が、改定される予定があることが分かった。   料金は$10値上がり、空港でアライバルビザを取得する場合は、観光ビザ(T)が$30、ビジネスビザ(E)

    カテゴリー:
  • 13日(水)、中国のCHMC社が所有する水力発電所の稼動が開始したと中国のメディアが発表した。CHMCは2010年、カンボジア政府と40年間の一括事業請負後譲渡方式に合意し、コッコンの発電所建設に5億ドル以上を投資してい

    カテゴリー:
  • 21日(月)プノンペンで、千人以上の僧侶とカンプチアクロムの被害者が集団行進を行った。参加者はカンプチアクロムの真実を認識して欲しいと訴えた。   フランス・イギリス・アメリカ・ヨーロッパ・ロシア・中国の大使館

    カテゴリー:
  • HISの子会社であるアジア・アトランティック・エアラインズ(AAA)は、9月からカンボジア-日本間の直行便を就航する。   プノンペンー成田便は9月2日から、火・木・日の週3便。シェムリアップー成田便は10月か

    カテゴリー:
  • 外務省の報告では、日本と韓国がカンボジアの奨学金制度や都市開発への支援を決定。   隈丸在カンボジア日本大使は、285万US$の支援に合意署名、日本在住の14歳以上のカンボジア人留学生21人が支援の対象となる。

    カテゴリー:
  • カンボジア-ベトナム間を通行する商業用のトラックやバスを運行する会社などへの、車両保険への加入義務を、法律で定める事に対し、両国で合意がなされた。不法入国などのリスクを防ぐための法律であり、2015年ASEAN統合に向け

    カテゴリー:
  • 世界銀行の調査によると、カンボジアの貿易の円滑性は世界的に見れば改善傾向にあるが、近隣国との差は歴然である。   2012年の国際物流の効率性指数(LPI)では、101位であったカンボジアが2014年は83位で

    カテゴリー:
  • 大手飲料会社ペプシコは砂糖供給業者による土地の横領に対し、断固とした措置を取ることを約束した。   国際NGOオックスファムは昨年、カンボジア国内でコカコーラ社やペプシコ社に砂糖を供給するため土地の横領、住民の

    カテゴリー:
  • Koy Kuong外務省広報担当官は「日本が、プノンペンの母子健康センター(NMCHC)へ1千万ドルを超える寄付を決定した」と発表した。   カンボジアは東南アジア地域で、産婦死亡率が非常に高い。2013年の世

    カテゴリー: