記事 | 国内

  • 3月30日月曜日、バッタンバン州で暴風雨が発生し、女性が一人死亡、数名が重症を負った。翌日には同様の暴風雨によってウドーミンチェイ州で家屋倒壊する被害も発生している。 バッタンバン州バベル郡では、暴風雨によって64歳の女

    カテゴリー:
  • 3月28日シェムリアップ州チークレン地区の小学校付近で不発弾が爆発し、少年4人が負傷する事故が発生した。 警察の発表によると、爆発したのはカンボジア内戦中の1980年代に、政府軍がポルポト派との戦闘に用いた中国製爆弾で、

    カテゴリー:
  • 3月25日の朝7時40分ごろ、プノンペン北部ルセイケオ地区のSt.598沿いで水牛一頭が暴れまわり、8歳の少年を含む4人が重軽傷を負う事件が発生した。水牛には攻撃性が高いことを示す青色のマーキングがしてあった。 突如道路

    カテゴリー:
  • カンボジア電気局は17日、トンレサップ湖周辺州の送電線の電圧を上げるプロジェクトについて発表した。予算は1億6,750万ドルとのこと。   このプロジェクトは中国輸出入銀行のコンセッションにより進められ、着工の

    カテゴリー:
  • カンボジア政府機関は、2015年度より高等学校と小学校教員の月給を現行の125US$から35US$増額し、162US$とすることを発表した。またフンセン首相は、3月2日に開催された全国識字キャンペーンのオープニングセレモ

    カテゴリー:
  • カンポット博物館の開館式が1月28日に行われた。   博物館は、フランス国際交流協会による助成金で建てられた。 助成金は全部で5万ドルあり、カンポット州にあるフランス統治時代の建物修復などに使われ、そのうちの1

    カテゴリー:
  • 2月6日午後2時頃、プノンペン市チャムカーモン地区で日本人女性がひったくり遭い、抵抗したところ犯人に銃で撃たれた。   警察によると、犯人は女性のバッグを奪おうとしたが、女性が抵抗したため銃で発砲。2発発砲した

    カテゴリー:
  • 近年、多くのカンボジア人が仕事を求めて地方からプノンペンに集まってきている。プノンペンの人口はこの10年間で90万人から140万人以上に増加した。   都市人口の増加に伴い、都市開発も進んでいる。世界銀行の報告

    カテゴリー:
  • 女性が遺跡の中で、トップレスの写真を撮影したとして問題になっている。写真はフェイスブック上で発見された。   遺跡管理局であるアプサラ機構は「アンコールワットは、カンボジア国民にとって神聖な場所である。このよう

    カテゴリー:

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia