記事 | 国内

  • 12日、ヒンドゥー教のハヌマーン神を模した彫像がカンボジアに返還された。カンボジア内戦中にコーケー遺跡群のひとつであるプラサートチェンから盗み出されたものとされている。 1970年代の内戦の影響でカンボジア国内では価値の

    カテゴリー:
  • 5月4日、ストゥントレン州にあるカンボジア最大の水力発電ダムプロジェクト用地の付近に住む70世帯が、新居住区への移転を受け入れたと報道された。 2日、ストゥントレン州にある再定住地区の関係者と電力会社の代表者が村人と面会

    カテゴリー:
  •  NPO団体「Open Development Cambodia (ODC)」の報告により、衛星通信が可能になって以来、カンボジアの全国土(約180.000平方キロメートル)のうち、森林部分の割合がその他の部分の割合を初

    カテゴリー:
  • アンコール遺跡郡の管理を行う「アプサラ機構」は、入場料金の引き上げを検討している。   現在、入場券の料金は1日券が20ドル、3日券が40ドル、7日券が60ドルである。 このチケットでアンコール・ワットだけでな

    カテゴリー:
  •  カンボジアでは、明日4月14日にクメール正月を迎える。クメール正月は仏暦の正月で、太陽暦の4月中旬ごろ、今年は明日14日から16日までがそれにあたる。    正月期間中、シェムリアップのアンコールワット周辺で

    カテゴリー:
  •    4月8日に国会で、タバコに関する新たな法律の草案が満場一致で可決された。   現在、カンボジア国内では約11000人がタバコが原因で命を落としている。政府はガン患者に対して年間一人あたり平均1万

    カテゴリー:
  • 上座部仏教の概念のひとつに「カルマの法則」というものがある。現世は前世の行いによって、その命運が左右されるという考えだ。生きているうちの徳を積みなさいというありがたい教えであるが、実は負の側面を生み出している。仏教を深く

    カテゴリー:
  • 3月30日月曜日、バッタンバン州で暴風雨が発生し、女性が一人死亡、数名が重症を負った。翌日には同様の暴風雨によってウドーミンチェイ州で家屋倒壊する被害も発生している。 バッタンバン州バベル郡では、暴風雨によって64歳の女

    カテゴリー:
  • 3月28日シェムリアップ州チークレン地区の小学校付近で不発弾が爆発し、少年4人が負傷する事故が発生した。 警察の発表によると、爆発したのはカンボジア内戦中の1980年代に、政府軍がポルポト派との戦闘に用いた中国製爆弾で、

    カテゴリー:

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia