記事 | 国内

  • ※画像はイメージです。実際の地域とは関係ありません。 カンボジア水資源・気象省は一昨日、引き続きプレア・ヴィヒア、プサット、ケップ、モンドルキリ、コンポン・チャム、プノンペンなど複数の州で大雨が続いていると発表。 周辺河

    カテゴリー:
  • フン・セン首相は、選挙参加に感謝の意を表するとして、プノンペン市内の水上タクシーの運賃の無料期間を今年の年末まで延長すると発表した。 同時に、ロイヤル鉄道もプノンペン空港シャトル鉄道と西武線の無料期間を同じく年末まで延長

    カテゴリー:
  •    7月の中旬にコッコン州を襲った集中豪雨で、同州のタタイ川の水上ホテル「4リバーズ・フローティングロッジ(4 rivers floating lodge)」が損壊していたことが報じられている。同水上ホテルは

    カテゴリー:
  • カンボジア南部最大のリゾート地・シアヌークビルに位置するシハヌークビル国際空港で改装された旅客ターミナルで完成式典が行われた。 カンボジアエアポート社によると、今回の改修は今後5年間の利用客増加を見越して導入される予定の

    カテゴリー:
  •    7月4日、カンボジアの公共事業・運輸相のSun Chantol氏が、首都のプノンペンと北西部タイ国境の街をつなぐカンボジア鉄道西線の初便が運航されたことを発表した。  同路線の全長は386km。鉄道はフラ

    カテゴリー:
  •  カンボジア南部のシアヌークビル。かつての長閑な港町は地雷海岸の異名で西洋人バックパッカーたちの集うビーチタウンとして栄えたが、近年は中国の一帯一路や海洋強国の布石として、チャイナマネーが投入され急激に都市化&チャイナタ

    カテゴリー:
  • クロマーマガジンNo.2でもご紹介したロイヤルサンズ・コー ロン(The Royal Sands Koh Rong)が今月23日に正式オープン。落成式にはフン・セン首相も出席した。同リゾートは昨年12月にソフトオープン、

    カテゴリー:
  • カンボジア鉄道のポイペト-シソポン間、プノンペン空港線が4月頭に相次いで開通した。 ポイペト-シソポン間は1日3往復の運行、運賃は8月1日までは無料でそれ以降は未定だ。 一方、プノンペン空港線は空港と市内を結ぶシャトル鉄

    カテゴリー:
  • 東南アジア最大の配車サービス、グラブ(Grab)は、プノンペンでモーターバイクでの配車サービス(Grab Bike)を開始した。アプリによるバイク配車サービスは国内初となる。〈プノンペンポスト紙より〉 現在サービスはベー

    カテゴリー:

クロマーマガジン

素敵なカンボジアに出会う小旅行へ―The trip to encounters unknown cambodia